A26 

歯磨きは乳歯が生え変わってから行ってよいと思います。

ですがお口の中に人の指や手が入ることに慣れてもらうことは、生え変わり前から
行っておいてよいと思います。


歯磨きの目的は歯垢や歯石がたまらないようにすることです。成犬の多くが歯周病に
なって歯をうしなうこととなっています。

また歯垢や歯石は心臓病や呼吸器疾患、糖尿病になりやすいと
言われていますので、こまめにお手入れしてください。

道具はいわゆる歯ブラシをつかうことと、指に歯磨き用の紙を巻いて行うやり方が
あります。

どちらがよいかは飼い主様が考えてください。小型の犬はお口が小さいので歯磨き用の紙を巻いて行うほうがよいと思います。